明治R1ヨーグルトを3年間飲み続けた衝撃の結果はこうだった!!本当に風邪を引きにくくなるのか検証した

免疫力が上がるので風邪やインフルエンザにかかりにくくなると言われている明治ヨーグルトR1。

ネットで調べてみても結構「効いた」という話が載っている。ただ残念ながらエビデンスを示さずに、効いた効いたというサイトが多いのが残念なところ。

普段はそうした●×に効くという情報を眉唾ものと思っていたが、藁をもすがる思いで飲み始めた。本当に効くのかどうか自身で試そうと思ったわけだ。それが3年前。3年経ち、ほぼ結果が出たので紹介する。

8年間の風邪の記録

私は風邪を引きやすいと自覚していたので、8年前から風邪の記録を付けている。なので、R1を飲み続けた前と後とでは風邪の罹患状況の変化が良く分かる。3年間飲み続けた結果は図のとおりとなっている。

図を若干説明すると、風邪等に罹患したときに全く熱が出ず、軽いものを「A」、熱が37度台の場合や熱が出なくとも症状が比較的重いものを「B」、熱が38度以上のときや罹患日数が長いものを「C」と分類した。そのうえで一目で状況が分かるようにAは背景色なし、Bは空色の背景色、重度は濃い緑色の背景色とした。

風邪履歴1
 

風邪履歴2
 

風邪履歴3
 

明治ヨーグルトR1の効果はどうだったのか?

R1の効果は私の場合はこの表のとおりである。なかなか分かりにくいので結果だけの表は次のとおり。

風邪履歴まとめ
 

飲み始めたのがH30年11月からなので同月を始点として各年の状況を見てみることとなる。この表は年単位なので、平成31年以降が飲み続けた結果となる。

この評価は図をみて夫々が解釈してほしいが、少々私自身の解釈を述べたい。

まず、平成31年である。コロナがない時期なので効果の評価には打ってつけだ。詳しく見てみる。

体調の悪い日数は40日である。過去5年の平均は64日なので、まあ、若干体調が良くなっているようだ。

次に、体調の悪い回数は年間3回である。過去5年の平均は10回なので、大分改善されている。

A数、B数、C数はそれぞれ、0,1,2である。過去5年の平均6,2,2と比べると、軽い風邪は殆どひかなくなった。重たい風邪の回数はそれほど変わっていないように見えるが、これらは期間が長かったということでCと判定したもので、内容としては高熱は出ていない。軽い風邪でを引かなくなったこと、思い風邪でも熱が出なかったことは、明治R1の効果と言っていい。

令和2年以降は殆ど風邪らしい風邪は引いていないが、この時期はコロナ禍で皆が手を洗い、普通の風邪は全く流行っていなかった。このため、R1の評価を行うにはなかなか厳しいものがある。

少々、割引いて評価しなくてはならないが、体調が悪い日数、B数、C数は著しく低下している。令和2年のA数は少々多いものの、全体としては殆ど風邪を引いていない。

これらを考察すると私の解釈としては、明治R1を飲み続けると風邪にはかかりにくくなると断言できる。

確かに、このヨーグルトを飲むこと以外に、運動なども続けており、全てが明治R1のおかげというわけではないだろうが、相当効いていることは間違いない。

明治ヨーグルトR1を量産する

このようにとても効果が見られた明治R1であるが、正確に言うとこの結果はR1を飲み続けたものではない。というのも明治R1は一本130円もするのでとてもじゃないが毎日は飲み続けれない。なので、ヨーグルトメーカーで牛乳からR1を種菌として作成した。

詳しくは次のページを参考にしてほしい。

明治乳業ではこうして作成したR1にはR1の効果はないとしているが、私見では、R1の種菌が増殖していることでできているヨーグルトなので、増産したヨーグルトもR1と思っている。この辺はお読みの方の主観に任せることとなるがR1でなかったとしても効果が出ているので全然構わないと思っている。

風邪の記録はこれからも取り続けて行くので、もう少し結果を見て行きたい。もしかするとまだまだ特筆する結果が出るかも知れない。

 


■ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ