ハイセンスのテレビを返品した顛末
手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

ハイセンスというメーカーをご存じだろうか。中国の電機メーカーで、家電製品、通信機器、情報機器などを製造している。民生用では、テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫などの生活家電を多く見ることができる。

電気製品は日本製の質が良いことから、世界中で長く首位を保っていたが、今やその座は中国に明け渡した。もともと、中国製品は安かろう悪かろうだったが、それは一昔前の評価であって、最近は日本製を凌駕するらしい。値段が安くて良いものなら、何も日本製でなくても良いということだ。

その家電メーカーのひとつがハイセンスだ。今やどこの電機店にも置いている。

テレビの買い替えを計画

我家のテレビは東芝レグザ。買ってから10年経つが、壊れる兆しはない。今でも十分現役なのだが、ユーチューブなどネット視聴はできないしホームネットワークにも対応していない。

テレビで撮りためた番組を他のテレビで見たり、複数同時録画をしたいと思い、テレビを買い替えることにした。

さて、買い替えるテレビはどこのメーカーの何にするかを検討したところ、先のハイセンスが浮上した。型は43U7FG、43インチのテレビだ。

ネット民である私は、物を買うときは必ず口コミを参考にする。今回も口コミを沢山参考させてもらったが、殆どの口コミはハイセンスを高く評価している。悪い口コミは数えるほどしかなかった。

更には、当該機種も良い評価ばかり。それならこれは買わなきゃ損と、妻の渋めの顔を無視して、いきおい、アマゾンから購入した。

アンテナ端子が熱い

テレビが来た。10キロにも満たないので今までのテレビに比べると相当軽い。足を付けてチャンネル設定。すぐに見ることができた。

細かな点では不満はあるものの、複数同時録画はできるし、録画のCMも飛ばせる。ホームネットワークは子機の用意がないのでまだやっていないが、まあ、こんなものだろう。

細かな不満は、音の周波数バランスが取れていないことと、アンテナ感度が悪く、今まではアンテナを直接テレビにつけて見ることができていたものが、ブースターを介さなくては見れなくなったことだ。画像は白黒はっきりしているので逆にぼけた感じがする。まあ、これらは致命的ではないので許容の範囲内だ。

そうこうしているうちに1週間が経った。妻曰く、「アンテナ線の根元が熱を持っている。」確認すると確かに熱い。ギリギリ触っていられるぐらいで、これ以上熱くなるとやけどをするのではないかという温度。60度でやけどをするというので、大体50度ぐらいになっていると推測した。今までのテレビは若干温かくはなるものの、こんなに熱くはならない。ハッキリ熱いとわかるほどだ。

メーカーに電話をした

電話はすぐに繋がった。おそらく、コールセンターで詳細は分からないとは思いつつ、「こんなに熱くなっている、異常ではないか」と訴えた。

オペレーターは「電気製品なので熱くなることはある。その状態が異常なのかどうかは電話だけではわからない。見に行くことはできるが異常がないなら出張料がかかる。出張料は原則3850円だが場所によってもっとかかる。いくらかかるかはここではわからないから手続きしたときに確認してくれ。」との返答。

言ってることは分からないでもないが、釈然としない。来てもらって異常がないなら、一安心だが、3850円、もしくはそれ以上の費用が発生する。でも、熱いことには間違いない。

価格コムの口コミで聞いてみた

火災等を恐れているわけではなく、もしも熱を持つのがイレギュラーなことであれば、故障の原因ともなりかねないことから、初期不良で返品しようと思っていた。

これがこの機種の常態なら、メーカーもこの状態で正常に動作する設計なので、まあ、そうなのかな程度でやり過ごすが、果たしてそうなのかどうか、が分からないため価格コムの口コミで聞いてみた。

他の方々が持っているテレビも熱くなるなら、特には問題なく、常態として熱を持つものと理解できる。

結局、実際に本機種を持っているという者2名から返事があった。ひとりは熱くなるが、もうひとりは熱くならないというもの。

これでは、果たして本機が正常なのか、異常なのか分からない。

メーカーに再度問い合わせた

電話では先のとおり、あまり意味がないのでメールフォームから「通常どの程度の熱さになるか」問い合わせしたところ、何と「測定基準が当社にないので不明」という驚く回答だった。

アンテナ端子だけでなく、私も熱くなったので、更にしつこく、火災等の危険性もあり危惧している旨伝えたところ、今度はようやく「BS端子は熱くなることもあるが、地デジ端子まで熱いということなら初期不良の可能性も否定できない」という回答。なら、最初からそう言ってくれという感じ。

これで、更に不安になってしまった。

私としては「個体差はあるが、当社のテレビの端子は比較的熱くなりやすく、その程度なら許容の範囲内」などの回答があれば一安心してこのまま使い続けようと思っていたが、初期不良の可能性があるという回答では使い続けることに躊躇する。

サービスを呼べば良いのではないかと言われるかも知れないが、温度の測定基準もなく、異常・正常の判断も個々のサービスマンに委ねられるなら、来てみて「あ、これは何ともないですね」といわれても信用できない。そのうえで、5年保証に入っているにもかかわらず、料金を取られるのは、何とも言えない。

初期不良と言われて修理されるかも知れないが、新品で購入したにも拘わらず、初期不良の製品を修理して、そのまま使い続けるのも、これも何とも言えない。

ということで、サービスマンを呼ぶ気には全然なれず。

アマゾンに連絡

そこで、購入したアマゾンに相談した。アマゾンでは、「そこまで色々調査したなら返品は全然構わない」との了承を得たので、返品することにした。

高価な商品であり、返品は少々心苦しいが、やむを得ないとの判断。

アマゾンの返品基準は良く分からないが、「2月2日までなら返品できますよ」と言っていたので、最重要なのは返品期限日内かどうかという点だろう。

特にサイトでの手続きは必要なく、この電話だけでOKとのこと。大型商品になるので、直接アマゾンと提携している運送会社に電話してくれと言われ、連絡先を教えてもらい、電話をかけ集荷してもらった。
返品のハードルが低いのでアマゾンは本当に安心だ。

ハイセンスについて

以上が返品にかかる経緯となる。ぎりぎり手で触れるぐらいのアンテナ端子の熱は異常か正常かは結局分からなかったが、内部が高温になっていることは間違いない。今は大丈夫でも、寿命が短くなる可能性もある。返品は正解と思っている。

しかし、このテレビ自体が悪いテレビではないと思う。たまたま、当たりが悪かっただけだろう。口コミを見ているとそう思う。

電話やメールでの返信も早く、その点では安心だ。サポートの言っていることも分からないわけではない。

私は中国製品を特に嫌っているわけではない。次回、ハイセンスを買うかどうかは微妙だが、中国製品に全然偏見はない。

いつものショッピングでポイントがダブルで貯まる!ポイ活ならモッピー